aistudio weblog

・・・・・・・・・・・・・・・・from kyoto , china and...etc.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

上海に行っておりました。

syanghai.jpg
上の写真は20年前の上海、下が現在の上海。
ずいぶん変わりました。

大好きなノスタルジックで趣ある上海は影をひそめ、
パイパーシティー上海にぐんぐん成長しています。
もう東京よりも大きく都会です。

地下鉄も乗りやすくなったし(ちゃんとみんな並んで乗っています)
道のゴミも少なくなってきました。
ホテルの水もしゃぶしゃぶ後みたいでなく、透明になっていました。

空気が悪いのは、相変わらずで、ばっちり喉をやられて帰ってきましたが。。。

どんどん変化する上海。
お買いもの天国でもなくなってきたし、寂しくもあり、
この変化は楽しくもあり。。。



スポンサーサイト
  1. 2013/04/03(水) 14:30:17|
  2. 上海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海のお土産

もう中国から帰ってもう2週間以上たってしまったけれど、
京都の気温はまだまだ夏真っ盛り。まったく変わりません。
昨日はとうとう京田辺市で全国一位39.9度という記録を樹立!!
もう九月なのに・・・

というわけで(?)まだまだ中国ネタを引っ張ります。

三月に上海の豫園で買ったストラップがお土産にとっても人気だったので、
この夏もまた豫園に向かいました。
他のショッピングモールにもあったのですがクオリティーが違って、
やっぱり豫園にいかなければ・・・ということになったのです。
ポストペット1
買って来たストラップを並べて撮影。
ポストペットのモモちゃんに似た熊に、いろんなキャラクターの塗装がされています。
ミッキーもドラえもんも仮面ライダーも同じ形にしてみたらなんだか面白い!!

ポストペット2
ちゃんと首と手足が動くのでポーズをつけることも出来るし、
マスクは柔らかい樹脂で出来ていて、マスクをはずすと熊の顔がでてきます。
(スパイダーマンと取っ組み合いしているのはタイガーマスクをはずした熊)
結構凝った作りをしていて、じっくり見ていても飽きません。

マスクをしているものは15元、していないものは12元といわれましたが、
たくさん買うからと粘って全部10元にしてもらいました。

豫園
豫園は上海の有名な観光スポットのひとつ。(写真の奥に写っているのは上海ヒルズ)
中国風のクラシックな建物が並び、有名な南翔小龍饅頭店があったり、
お土産やさんがあったり、大阪の本町みたいな仕入れ街があったりと
老若男女中国人外人問わず、いつも人々でいっぱいです。
写真スポットも多いし、食べ歩きも出来る、お土産も色々買えるしで、
上海に行けば、一度は訪れたいおすすめの場所。
ただし、スリや偽物ブランド店のポン引きも多いので注意して。






  1. 2010/09/06(月) 18:48:16|
  2. 上海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海では最新ガイドはもう古い!その2

上海に戻って・・・

最終日、長年行きたかった「小揚生煎館」に行こうと、
南京西路駅から屋台街の呉江路に向かったら・・・
その建物、道ごとクローズになっていました。。。
再開発地区になってたのです。

がっくりしている私たちに、通訳のジャーちゃんが、
「だから私のネイルのお店の入っているショッピングセンターにあるって言ってる!!」
と、少々怒りつつ言ってくれました。

そうなんです。支店が出来たのかと聞き流していたのですが、
支店が出来たのではなく、お店が移転していたのです。
ガイドではまだ、呉江路のままですが、そこにはもう破れた看板しかありません。

現在の「小揚生煎館」の場所は、
地下鉄2号線北新駅からタクシーで1メーターくらい。
虹橋エリアの南のほう「百聠西郊ショッピングモール」の中
P1050735.jpg

私たちは、バイクタクシーで行きました。1台5元。
P1050720.jpg

ショッピングモールの2階、フードコートの奥にありました。
「小揚生煎館」
P1050734.jpg
上海の人なら誰もが知っているという焼き小籠包の名店です。

P1050730.jpg
「小揚生煎」焼き小籠包。4個で5元。
巻口を下にして揚げ焼きにしてあるので、
通常の小籠包より集めの皮はカリカリ、でも上の方はモチモチ。
その中にたっぷりのスープと肉団子が入っているという、
超リッチな一品なのです。ほんとに美味しい♪

P1050728.jpg
「鶏鴨血湯」鶏と鴨の血を固めて豆腐状にしたもののスープ。1椀5元
豆腐とは違うしゃっきりしてやわらかい具はまったく癖が無くて、いくらでもいただけるやさしい味。

この2点で10元(150円)のランチ。
はっきり言って、大満足です。(あんまり美味しいので「小揚生煎」は二人分いただきましたが・・・)

とっても美味しくおすすめの「小揚生煎」
ちょっと郊外に移転してしまいましたが、ぜひ一度。



ついでに、同じショッピングモールには通訳のジャーちゃんが勤めるネイルサロンもあります。
3階のスーパーマーケットのレジを出たところです。
ジャーちゃんは日本語OK。爪ケアーとグラデーションカラーで70元くらい。
ネイル屋さん



  1. 2010/04/06(火) 18:40:30|
  2. 上海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼き栗王~上海のお土産

上海焼き栗2
上海のお土産に買って帰ってきた焼き栗「小栗王」500g10元くらい
300g入りの小袋もあります。
小粒ながらにやわらかく甘くて美味しいくて虫食いなどのはずれが少ない、
そして冷めても美味しい!!のがポイントで上海に行ったら買ってしまいます。
ちょっと割高なのですが、他のは冷めると美味しくない。
やっぱり「小栗王」!!なのです。

上海焼き栗
あちこちのお店はあるようなのですが。。。
今回はジャーちゃんのネイルの店の入っているショッピングモールの中のスタンドコーナー
周りには、焼き芋やフライドチキン、中国おかしなど、小腹がすいたらつまめるおやつのお店が並んでいます。

焼き栗1
小さい小石と一緒に焼く石焼焙煎なのでホックリ中まで火が通っています。
お酒のおつまみにもぴったりです♪

  1. 2010/04/02(金) 11:21:57|
  2. 上海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海一ホットな火鍋~海底撈火鍋

上海在住のO氏に「上海で一番人気の鍋、連れてったる」
といわれてきたのがここ。海底撈火鍋
中国国内にチェーン展開しているようです。

とっても人気らしく、いつも行列が出来ているらしいです。
私たちはラッキーにもするっと席に案内されました。
待ち時間が長くても、待合コーナーにはゲームとかいろいろ
アミューズメントが楽しめるようになっているよう。
何しろ、サービスがすばらしいっと言う評判なのです。

席に着くときんたろさんのようなエプロンを渡され、鍋の具を選びます。
基本しゃぶしゃぶなので、羊や牛の肉、湯葉、豆腐、野菜等々お好みで。

火鍋
ベース湯はもちろん赤と白、出しの野菜もたっぷり入っておいしそう。
赤い方の辛いベースは目の前でパックから鍋に投入。
これもこの店のサービスで、他の店は使い回しが多いらしく、
ここは新しいものを使っていますよと見せてくれているのだそうです。

鍋が煮立つまでにタレバーに行ってお好みのタレを選びに行きます。
数十種類のタレと薬味を自分好みにブレンドしたりします。

スープが煮立ってきたら、肉をしゃーぶしゃーぶしたり、
他の具を煮込んだりし、タレにつけて召し上がれ♪

おしゃれな火鍋です。
地獄のように辛くも無く、さっぱりと素材の味を楽しめます。

楽しめるといえば、〆に頼んだカンフー麺。
兄さんが、華麗なアクションで麺を打って鍋に投入してくれます。
小
火鍋麺打ち1小
あまりの兄さんの速さにカメラがついていってません。
かすかにぺシッと麺が床を擦った音を聞いた気もしますが・・・
モウマンタイ!!煮込んじゃえば気にならない!!

美味しく楽しい上海ナイトでした。


海底撈火鍋 長寿路店
上海市普陀区长寿路468号中环商务大厦4层
TEL 021-62770701
地下鉄7号線長寿路駅から歩いて5分くらい


  1. 2010/04/01(木) 19:40:46|
  2. 上海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

aistudio kyoto

Author:aistudio kyoto
京都でインテリアテキスタイルのデザインをしている中で
日本各地に行ったり、中国に行ったり、たまーにヨーロッパにも。
そんな日々の生活をちょこっとずつ書いて行きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
北京グルメ (3)
中国 (13)
上海 (9)
物づくり (17)
京都 (65)
上海グルメ (1)
絨毯作り (2)
ヨーロッパ (6)
?å (0)
日々の話 (49)
仕事 (8)
関東 (0)
江戸 (2)

検索フォーム

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。