aistudio weblog

・・・・・・・・・・・・・・・・from kyoto , china and...etc.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都の夏も仕舞いです。

今朝の鴨川、五条大橋からの眺め
床の片付け
鴨川沿いの料理屋さんの床が片付けられています。
京都の夏も仕舞いです。
  1. 2011/10/06(木) 11:20:13|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

陶器市に行くなら?祇園OKUでランチ

陶器市は毎年一緒に行く友人が大阪から来るので、
せっかくだからちょっと良いランチ食べようと言うことになりました。

気になっていた祇園のOKUにいくことにしました。

外観は祇園らしい風情のある立たずまい。
中に入ると無垢な印象のモダンスペースが広がります。

御飯ものは「美山荘のおばんざい」のみ

OKUおばんざい膳
大葉ご飯
冷汁
香の物

OKUおばんざい
八寸 
利休麩と枝豆と胡瓜の白和え
小芋とオクラの味噌漬け ふり柚子
赤万願寺ししとうの鶏いこみ
出汁巻き

丸ごとトマトのスープサラダ 丸ごとトマトにナッツオイルをブレンドしたもので風味づけ。


豚三昧肉の山椒味噌煮込み 冬瓜添え

夏野菜の揚げだし

デザートは小さなクッキー

OKU笹茶
玄米茶ブレンドの笹茶とともにいただきました。

冷汁がとっても美味しくて新鮮な印象でした。
冷たい味噌汁の中に、それぞれ采の目に切った
絹ごし豆腐、オクラ、茗荷、胡麻が入っていてすがすがしいお味。
そのままいただいたり、ごはんにかけていただいたり・・・
また、ご飯の紫蘇と合うのです。
家でも作ろう!!誓い合っていました。

おばんざいもそれぞれ手が込んでいて美味しいし、リッチなランチでした。

その後、灼熱の陶器市に向かい・・・
私たちはまたOKUに戻ってきたのでした。

氷をいただきに。

OKUの氷
ふわふわとエッジの利いた大きな氷の山に、右手奥の抹茶シロップをかけながら、
手前の濃茶パウダーをかけながら、と自分で味を調整しながらいただきます。
上品な甘さとシロップのとろみが良い感じです。
左奥の最中が冷たくなった口に優しい甘さ。

花背の料理旅館美山荘のご主人・中東久人さんプロデュースのカフェ。
ちょっとお高めですが、祇園ですもの、京都ですもの的な気分の時に・・・

OKU (オク)
TEL 075-531-4776
住所 京都府京都市東山区祇園町南側570-119

交通手段 ・京阪電車祇園四条駅より徒歩5分
・京都市バス 京都駅より206/100洛 祇園下車徒歩3分
祇園四条駅から242m西花見小路

営業時間 11:00~19:00

定休日 なし


  1. 2011/08/10(水) 13:28:22|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

料理写真ばかりですが・・・ぎおん琢磨白川店で着物で納涼会

先週の土曜日は着付けのお稽古の納涼会でした。
暑いので和食が良い!!
京都で、和食で、15人の大人数が一同に揃える、
お手ごろなお値段の、ロケーションの良い、美味しいところ。
と自分でハードルを高くしつつ探し当てたのが、
「ぎおん琢磨白川店」
白川の橋を渡って一本入った道から暖簾をくぐると路地が続き、
奥を曲がると店の扉が。お店の中に入るとバーンと大きく開いた窓からは、
ぎおん白川の川沿いの桜がばっちり見える、ものすごく良いロケーション。
2階席はテーブルで足を気にせず料理を楽しめ、空間も上等。
手間のかかったお料理がちょっとづついっぱい出てきて、一同大満足でした。

琢磨先付け
八寸 もずく酢、ちりめん山椒入りだし巻き卵、白瓜の白和え、魚そうめんの煮凝り、
たこの柔らか煮、ヤングコーンの焼きもろこし、ゴーヤのおひたしクリームチーズ添え

琢磨刺身
お刺身 しょうゆをあわ立てた泡しょうゆを刺身に乗せていただきます。たれなくてまろやかで良い!!
千切り茗荷入りのけんやわさびも効いてました。

琢磨椀物
椀物 ふわふわのしんじょうの上に鱧。

琢磨焼き物
焼き物 うなぎの白焼き カリフワの美味しい焼き上がりでした。

琢磨冷たい煮物
冷たい煮物 かぼちゃや焼きナス、小芋などそれぞれちゃんと料理してあって美味しいです。

琢磨炊き合わせ
揚げ物 レンコン饅頭と万願寺の揚げびたし

琢磨煮物
酢の物 きずしなど

琢磨汁物
煮物 すっぽんのスープ 少しとろみのついたスープにすっぽんの身と下には茶碗蒸し。

琢磨ごはん
御飯 鱧の混ぜ御飯

あっ水菓子の写真を忘れました・・・

冷たいものと暖かいものが交互に出てきたり、
味の種類も振ってあったりしてたくさんの種類をそれぞれ楽しめました。

京都らしいところで京都らしいお食事をしたい・・・
というリクエストにぴったりのお店だと思いました。


琢磨 ぎおん白川店 (たくま)
TEL 075-525-8187
住所 京都府京都市東山区大和大路四条上ル二筋目東入ル末吉町78-3 白川沿い

交通手段 京阪 祇園四条から徒歩5分ほど
祇園四条駅から241m

営業時間 12:00~13:30
17:00~23:00(L.O.21:00)
ランチ営業、日曜営業

定休日 無休




  1. 2011/08/09(火) 16:49:16|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五条坂の陶器市。今日も沸騰しています。きっと。

毎年8月7日~10日に行われる五条坂の陶器市、
川端五条から東山のすぐそこまで五条通の両側に陶器の露店が並びます。
灼熱地獄の晴天であろうと、雨がざんざんに降ろうと行われる過酷な市で、
昼間に行くと、商品のお皿でそのままお肉が焼けるんちゃうかと思うほど熱い。

通りの北側は、どちらかというとお店屋さんが多く、南側は、作家さんが多くお店を出しています。
私はもちろん南側メインでうろうろ。

今年のお買い上げは、関西初出店(?)美濃焼きの「松泉窯」加藤芳平さんのお皿
加藤芳平さんの作品

特に大きな牡丹の花絵付けがどーんとされた角皿が気に入ってしまって。
大きいお皿も迫力があって良かったのですが、
今の私の生活では小ぶりの皿のほうが活躍しそうなのでこのサイズに。
牡丹のお皿
繊細な線描きにやわらかい色彩。温かみのある赤色と緑色の色が素敵。
特に、赤色(濡れたようなサーモンピンク)が他になくきれいだなと思っていたら、
加藤さんの編み出した色だとか。
ほんとに癖はあるのにやさしい感じで、盛ったお料理が美味しく見えそう。
饅頭を置いても、ロールケーキを置いても、さば寿司を置いても、
鱧の湯引きを置いても、冷奴を置いても、焼きナスを置いても美味しそう・・・
妄想をかきたててくれます。

松泉窯の店
お店はこんな感じ。夜写したので不鮮明この上ないですが。。。
五条通南側、割と川端通りに近い駐車場の近辺。
今年は、ダブルブッキングした先輩?の代わりに出店したらしいので、
来年は来れるかどうか・・・って言ってはりました。

ぜひまた来てください。

加藤さんのHPはこちら 松泉窯


いつものお約束、廣田朱里さんのペンギンも。
今年は親が増えました。豚も覗いてます。
ペンギン
左後ろの爺さんは北海道出身のふぁんたじいさん。友情出演。


  1. 2011/08/08(月) 13:29:55|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すっぱムーチョな夏レジョンで元気百倍!!

お盆休みが近づき、また暑さもぶり返してきた京都。
こういう時には、夏ばて防止にクエン酸回路をフル回転させなきゃいけません。
そのためには酸!すっぱ美味しいものをがっつり食べる!!

先日いつもの四人組でお伺いしたレジョンの夏メニューは、そういう私たちにぴったりの、
サワー&スタミナガッツリ料理が満載でした。

前菜はさわやかに魚と野菜を主に選んで・・・
レジョン前菜071
定番の「鮮魚のマリネ 緑胡椒のソース」魚はぶあつい鰹、酸味のある緑胡椒ソースで良いコントラスト。
「シメサバのディエップ風」酸味の効いた煮凝りソースがシメサバの下にたっぷり。夏~な一品です。

レジョン前菜072
「ニース風サラダ」ニース風というのは、ゆで卵、ポテト、インゲンがお約束で入るらしい。
「鱧と海老のムースのバロディーヌ」レジョンのバロティーヌはとっても美味しい♪
海老のムースを美味しい鱧で巻いてあります。クリームアンチョビソースでいただきます。

前菜からメインにいくにしたがってガッツリ系に変わっていきます。
レジョンメイン072¥1
お約束の「田舎風パテ」はずしません。ほかの店では食べられない濃厚さなのですもの・・・
「いさきのグリル キノコクリームソース」
フランス産のきのこ入りクリームソースが外はパリカリ中はふんわりに焼かれたイサキにあう~
レジョンのクリームソースも毎回感動します。

レジョンメイン071
そしてガッツリお肉三兄弟。
豚と鴨と羊です。どれもそれぞれのお肉の持ち味が、美味しく引き出されています。
画面の大きさが私の好き度をあらわしていますが・・・
羊の焼き具合とお肉の香りがものすごく美味しかったから仕方ないです。
添えてある野菜もみな違うお料理をされていて、美味しかったです。
ズッキーニのカレー風味フライは、それだけどんぶりいっぱい食べたいです。

デザートは、またさわやかな新メニュー
レジョンデザート071
私は夏といえばルバーブ食べたい!!なのです。
ルバーブは蕗の一種で茎が赤くてすっぱいのが特徴で、夏のお菓子に良く使われます。
「ルバーブのジュレ」美しいローズ色のゼリーの底に甘く煮たルバーブが入っています。
「ピーチメルバ」桃のコンポートにラズベリーソースがかかってます。
「フルーツのスープ バニラアイス添え」杏のスープの中にフルーツとバニラアイスが溶け合ってます。
どれもすっぱさわやかで夏にぴったりなデザートでした。

もちろん大好きな「温かいチョコレートケーキ ピスタチオアイス添え」もいただいております。
絶対誰かは頼むだろうと、シェフが注文前に焼きはじめてくれていたので、
ほかのデザートとタイムラグなし。すでに私たち読まれています。。。

気さくなのにとっても美味しいレジョン。
京都に来てくれて本当にうれしく思います。。。



フランス田舎料理 レジョン
京都市下京区高辻通高倉南側 たかくらビル1F
電話075- 344-8078







  1. 2011/08/03(水) 18:48:24|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

aistudio kyoto

Author:aistudio kyoto
京都でインテリアテキスタイルのデザインをしている中で
日本各地に行ったり、中国に行ったり、たまーにヨーロッパにも。
そんな日々の生活をちょこっとずつ書いて行きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
北京グルメ (3)
中国 (13)
上海 (9)
物づくり (17)
京都 (65)
上海グルメ (1)
絨毯作り (2)
ヨーロッパ (6)
?å (0)
日々の話 (49)
仕事 (8)
関東 (0)
江戸 (2)

検索フォーム

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。